子供の日

リーランの3回目の端午の節句は、散らし寿司を作りました。

こいのぼりの形をどうしようか迷っていいアイディアが思いつかなくて、青い魚はなにを使おう、思いつかないし、本当は凝ったものをつくりたいなと思っていたけれど、結局色をかえてのビーマンにレーズンで目をつけて簡単になってしまいました。リーランも一応喜んでくれました。色んな色が面白かったみたいで手で遊んで、口に入れた後、やっぱりピーマンは食べてくれませんでした。
こいのぼりと5月人形は、1年中部屋に飾ってあって、カナダだからこれでいいのか、というか家の中が散らかっていて置く場所がないので、そのままになってしまい、今では日本のものとして飾ってしまっています。
毎年、新聞紙でカブトを作って、頭にかぶせて写真をとってきました。去年の写真をくらべると大きくなったものだ~とびっくりします。
まだ成長はスローペースだけど、元気に大きくなってほしいと思います。